事業紹介/ 報道番組部

いま、私たちの社会が抱える問題はなにか?
どのように生きていくべきか?

日々発生する事件・出来事。そして世界中で起きている現実。
わたしたちは広く社会をとらえ、これを切り取り、その行く末を考える番組の編集を担当しています。
また、ヒューマンドキュメンタリーなど人々の心情を番組という形で視聴者に伝える大きな影響がある部署です。

NHKスペシャル、クローズアップ現代+など報道番組を編集しています。

優れたプロとしての専門性。ジャーナリスティックな視点。
責任感がもちろん求められます。
しかし、それだけではありません。一人の視聴者として、そして一人の市民として「理解して」「伝える」ことが大切です。
映像は多くのメッセージを持っています。その映像を紡いでゆき、大きなメッセージを発信する仕事をしています。
番組作りは集団作業です。
その中で専門性を発揮しながら、ディレクター、プロデューサーたちと協力しながら、大きなテーマを伝える事が大切な仕事です。

現在、報道番組は20代から60代まで幅広い人材が所属しています。
じっくりと掘り下げた番組づくりを通して人間的な成長をはかる場になるようにしています。